お知らせ

  • 最近の投稿

  • Category

  • Archives

  • 直近のイベント

  • Calendar

    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • [ update ]
    2018.12.02 Sun
    category in "wine_-meeting"

    「ワインで巡る南アフリカの旅」のレポート

    11月23日、心待ちにしていたワイン会が実現しました。

    「ワインで巡る南アフリカの旅」

    4年前より情熱を込めて南アフリカワインを発信しているインポーター、ハミングバードのミラーご夫妻をお招きしてのワイン会です。

    富山から南アフリカまでは26時も掛かるそうなのですが、この日は移動時間0で一っ跳び!

    3時間ほどの南アフリカの旅を楽しみました。

     

     

    香保里・ミラーさんとショーン・ミラーさんご夫妻

     

    ご用意したワインは7本

     

    1. Demorgenzon / Chenin Blanc MCC N/V デモーゲンゾン/シュナンブラン MCC :ステレンボッシュ地区

    ブドウ畑とワインセラーの両方にバロック音楽が流れているワイナリー、デモーゲンゾン。 瓶内二次発酵で造られるキャップ・クラシックは、重厚な果実の旨味が楽しめます。

     

    2. Spioenkop / Riesling 2016 スピオンコップ/リースリング :エルギン地区

    エルギンのテロワールに惚れ込んだベルギー人醸造家、クン・ルースが造るリースリング。 オイリーな風味と複雑なミネラルが特徴的。豊かな果実の旨味が口の中で広がり、程よい骨格を備えています。

     

    3. Elgin Vintners / Merlot Rose 2017 エルギン・ヴィントナーズ/メルローロゼ :エルギン地区

    クールクライメイトを誇る銘醸地、エルギンで育まれた華やかなロゼ。 イチゴやクランベリー、ザクロ、フルーツキャンディのような魅惑的な香り。すっきりとした辛口の余韻が料理を引き立てます。

     

    4. Carrol Boyes / Sketchbook Collection Cabernet Sauvignon 2014 キャロル・ボーイズ/スケッチブックコレクション カベルネ・ソーヴィニヨン :ステレンボッシュ地区

    カシス、ブラックチェリー、黒コショウ、バニラなど様々な要素が織り交ざって嗅覚を刺激します。 時間が経つにつれ、滑らかな甘さを帯びながら近寄ってくることでしょう。

     

    5. Spioenkop / Pinotage 2017 スピオンコップ/ピノタージュ :エルギン地区

    エルギンで唯一造られている土着品種のピノタージュ。 凝縮した果実味やスミレの花のアロマ。圧倒的な芳香を放ち、美しいまでの官能的な味わいへ誘います。

     

    6. Spioenkop / Pinot Noir 2015 スピオンコップ/ピノ・ノワール :エルギン地区

    透明感あふれるピュアな果実味と美しい酸。凛とした佇まいがピノ・ノワールの本質を感じさせる エレガントなエルギン・ルージュ。

     

    7. Ridgelands(Elgin Vintners) / Syrah 2015 リッジランズ(エルギン・ヴィントナーズ)/シラー :エルギン地区

    甘美な黒果実の旨味、ダークチョコレート、白コショウのニュアンス。三種類のオーク樽に由来する多層的な香り。 継ぎ目のないタンニンとオークのマリアージュが感じられ、プレミアムシラーに相応しい風格を備えています

     

    乾杯のことを南アフリカでは「ハッソンヘイト」って言うんですって。

    ということで、皆さんでグラス手にしてハッソンヘイト!

     

    お店の壁にプロジェクターを写し、ミラーご夫妻に解説をしていただきます。

    南アフリカの雄大な風景やブドウ畑の画像はもちろん、造り手たちからのビデオレターもありました。

    このワイン会のための映像に皆さん感激していました。

     

    ときどき挟むシェフのトーク。

    ミラーご夫妻がお茶目に盛り上げてくださいました。

     

    南アフリカの著名人の紹介も。

    真っ先に上がるのはネルソン・マンデラ氏。

    女優のシャーリーズ・セロンさん、モナコ王妃のシャルレーヌさんなど。

    美しさと強さを兼ね備えている女性たち。

    南アフリカワインにも同じような印象を持ちました。

    エレガントさとワイルドさが同居しているような。

    それこそが南アフリカワインらしさなのかもしれません。

     

     

    いつもテーマに沿ったお料理をつくるシェフ。

    今回は初の南アフリカ料理にチャレンジしました。

    とはいえ、どんなお料理なのか分からないため、ミラーご夫妻にご相談。

    親切にもレシピを丁寧に教えていただきました。

     

    • 自家製スモークサーモン クリームチーズのソース
    • 牛肉の低温調理したカルパッチョ ルッコラとパルミジャーノをのせて
    • ブルボス(合い挽きのソーセージ) サモーサ・ディップをそえて
    • ボボティ
    • ホロホロ鳥もも肉のロースト
    • ミルクタルト

     

    おまけとして、アマルーラ

    クリーミーで、キャラメルのような風味。

    サハラ砂漠以南のアフリカ地域で自生するマルーラの木の果実からつくられたお酒です。

    デザートと一緒にお出ししました。

     

    野生の動物たちが好んで食べるというマルーラ。

    発酵してアルコールを含んだマルーラを食べて酔っぱらった象さんの映像はとってもコミカルでした。

     

    ぐっと身近に感じた南アフリカ。

    ナビゲートしてくださったミラーご夫妻に感謝申し上げます。

    ありがとうございました。

    update 2018.12.02 Sun : category in "wine_-meeting"
    [ update ]
    2018.11.03 Sat
    category in "wine_-meeting"

    満員御礼

    11月23日に開催しますワイン会「ワインで巡る南アフリカの旅」は満席になりました。

    お申し込みいただきました皆様、ありがとうございます!

    ヴィニ・ラコント発、およそ3時間ほどの南アフリカへの旅をご一緒できますこと、楽しみにお待ちしております。

     

    update 2018.11.03 Sat : category in "wine_-meeting"
    [ update ]
    2018.10.23 Tue
    category in "wine_-meeting"

    ワインで巡る南アフリカの旅

    いつもテーマを決めて開催しているワイン会。

    今回はずっと心待ちにしていた南アフリカを取り上げます。

     

    富山から南アフリカワインを発信しているインポーター、ハミングバード。

    高品質なワインを愛情を込めて届けていらっしゃいます。

    このたびハミングバードのミラーご夫妻を講師として当店にお招きすることが決まりました。

    ちょうど今年の夏に南アフリカを訪問されたばかりのミラーご夫妻が、伺ったワイナリーの写真やお土産話とともに、南アフリカワインについてたっぷり語ってくださいます。

     

    ご用意するワインは、スパークリング、白、ロゼ、赤と7種類。

    ハミングバードの新商品も先駆けてワイン会でご提供する予定です。

     

    気になるお料理は、シェフが南アフリカ料理にチャレンジします。

    ミラーご夫妻より伝授いただいた南アフリカ料理を、シェフがどう表現するのか?ご期待くださいね!

     

    第24回ワイン会

    「ワインで巡る南アフリカの旅」

     

    日時 2018年11月23日(金)19:00~

     

    会費 ¥11000(税込み)

     

    定員 16名様

     

    お申し込み・お問い合わせ 076-432-0995(ヴィニ・ラコント)

     

     

    update 2018.10.23 Tue : category in "wine_-meeting"
    [ update ]
    2018.09.30 Sun
    category in "wine_-meeting"

    ザッカニーニのメイカーズ・ディナーのレポート

    9月25日に開催しました「ザッカニーニのメイカーズ・ディナー」のご報告です。

    なんだか想像以上に盛り上がり、みなさん笑顔でお帰りになられたことを嬉しく思っています。

    楽しい時間を共有できたご参加くださいました皆様、ありがとうございました。

     

    Cantina Zaccagnini カンティーナ・ザッカニーニは、イタリアのアブルッツォ州にある家族経営のワイナリーです。

     

     

    上の地図がアブルッツォ州。

    イタリア中部のアペニン山脈の東側のふもとに広がります。

    北にマルケ州、南にモリーゼ州、西にラツィオ州、そして東にアドリア海という位置関係。

     

    65%にあたる州土が山岳地帯、33%は国立公園に指定されていて、平野はわずか1%ほど。

    ブドウ栽培も盛んです。

    「地中海性の温暖な気候と、日当たりのよい丘陵地帯でブドウはすくすくと育ち、山からの冷涼な風により良質のアロマが形成され」(プロフェッショナルのためのイタリアワインマニュアルより)ます。

     

    カンティーナ・ザッカニーニは、Pescala ペスカーラの内陸に位置するBolognano ボロニャーノという町で、1978年に設立されました。

    「ブドウからグラスまで、絶対的な品質で」をモットーに、自社畑のブドウから定評のある素晴らしいワインを造っています。

     

     

    カンティーナ・ザッカニーニより、アジア地区セールス・マネージャーを務めるSonia Canfora ソニア・カンフォラ女史がご来店くださいました。

    笑顔が明るくて素敵な女性。

    快活なトークにみなさん引き込まれます。

     

    実は今年の4月にソニアさんがお立ち寄りくださっていました。

    1時間ほどの滞在でヴィニ・ラコントを気に入ってくださり、当店でメイカーズ・ディナーを開催する運びになったいう次第。

     

    当店ではこれまでイタリア20州を順番に巡りながらワイン会を開催してきています。

    アブルッツォ州はまだで、いつかテーマにしたいと思っていたのでちょうどよい機会でした。

     

     

    ご用意したワインは5種類。

    ①Aster Rosé Vino Spumante Extra Dry N.V.  アステル・ロゼ EXドライ NV

    ブドウ品種:モンテプルチアーノ

    ②Trebbiano d’Abruzzo 2016  クリスタル・トゥイッグ トレッビアーノ 2016

    ブドウ品種:トレッビアーノ

     ③YAMADA Abruzzo Pecorino 2016  ヤマダ ペコリーノ 2016

    ブドウ品種:ペコリーノ

     ④Montepulciano d’Abruzzo “dal tralcetto” 2015  トラルチェット モンテプルチアーノ・ダブルッツォ

    ブドウ品種:モンテプルチアーノ

     ⑤San Clemente Montepulciano d’Abruzzo Riserva 2013 サン・クレメンテ モンテプルチアーノ・ダブ ルッツォ・リゼルヴァ

    ブドウ品種:モンテプルチアーノ

     

    アブルッツォ州を代表する黒ブドウといえば、モンテプルチアーノ。

    中部イタリアで広く栽培されていて、色調の深くよく熟した、程よいアルコール分とエキス分を備えたワインが造られます。

    今回のワイン会ではロゼ・スプマンテを含む3本がモンテプルチアーノでした。

     

    白ブドウで真っ先に上がるのは、トレッビアーノ。

    世界各地で栽培されている品種です。

    酸味が強く非常にフルーティーで、柑橘類を思わせる爽やかな果実味の楽しめるワインが造られます。

     

    また最近注目されている品種ペコリーノ。

    アブルッツォ州やマルケ州で主に栽培されています。

    熟すのが早くて、糖・酸ともにしっかりと乗ったブドウです。

     

    お料理は、シェフがアブルッツォの郷土料理にチャレジ!

    ワインに合わせてご提供しました。

     

    ①ヴェントリチーナ、モルタデッラ、オリーヴの盛り合わせ

    ヴェントリチーナはさわやかな辛みのあるアブルッツォのサラミで、上の写真の赤色のハム。

    モルタデッラは残念ながらアブルッツォ州のものを入手できず、エミリア・ロマーニャ州のものを。

    オリーヴはグリーンとブラックと、アブルッツォ州のものです。

     

    ②サクラエビのマリネ

    生のサクラエビをサフランを効かせたオイル、野菜やハーブと一緒にマリネ。

    オリーヴオイルもアブルッツォ州産のものを取り寄せました。

     

    ③パッロッテ・カーチェ・エ・オーヴァ

    メニュー名を見て、みなさん何が出てくるのか期待を膨らませていたことと思います。

    登場したのはコロッケのような丸いものとトマトソース。

    Pallotte cacio e uovaは、れっきとしたアブルッツォの郷土料理です。

    お肉を使わず、パンとチーズと卵でできたお団子にパン粉を付けて油で揚げています。

    おそらく残った食材で美味しく見栄えのある料理として定着したのではないでしょうか。

    ソニアさんがご自身のFacebookでご紹介していたのを拝見して、これはぜひシェフに作ってもらわなければとリクエストしました。

    ほどよい触感とチーズの風味がある素朴な美味しさ。

    ワイン会のアンケート結果で、一番気に入った料理の第一位でした。

     

    ④キタッラのアマトリチャーナ

    アブルッツォのパスタで有名なのがキタッラ。

    イタリア語でギターを意味するchitarraがそのまま名前になっています。

    なぜそのような名前になったかというと、ギターのような道具を使って麺をつくるからです。

    なんとシェフ、今回のワイン会のためにキタッラ製造機を買っちゃいました。

     

    上の写真が作っているところ。

    平たく伸ばした麺を弦の上に置き、麺棒で押し回して弦で麺を切ります。

    アマトリチャーナはトマトソースを使わずビアンカにしました。

    グアンチャーレ(豚ほほ肉の塩漬け)と玉ねぎを炒め、仕上げにペコリーノ・チーズをたっぷりかけて麺の美味しさを味わっていただくスタイルに。

     

    ⑤仔羊肩ロースのロースト

    人間よりも羊のほうが多いと言われるアブルッツォ州。

    ですので、メインのお肉は羊で決めていました。

    塊のお肉に塩とハーブを染み込ませて焼き上げて、シンプルに盛り付け。

    最後のワイン、サン・クレメンテの凝縮した力強い果実味をソース代わりになって、仔羊の旨味を広げてくれたのではないでしょうか。

     

    このたびお世話になったマルカイコーポレーションの汲田さん、森川さん、ありがとうございました。

    ソニアさんの通訳とお話の補足をしていただきました。

    お二人のアブルッツォへの想い、カンティーナ・ザッカニーニを訪ねた時のエピソードなども聞くことができてよかったです。

     

    カンティーナ・ザッカニーニの画像もプロジェクターを使ってたっぷりご紹介。

    ワイナリーへ訪ねたような気分を味わえました。

     

    最後に記念撮影を一緒に。

    Grazie mille!!!

     

    update 2018.09.30 Sun : category in "wine_-meeting"
    [ update ]
    2018.09.20 Thu
    category in "wine_-meeting"

    ザッカニーニのメイカーズ・ディナーは満席となりました。

    9月25日に開催しますワイン会「ザッカニーニのメイカーズ・ディナー」は満席となりました。

    お申し込み、ありがとうございます!

    イタリア、アブルッツォ州へ旅する気分で、ワインと食事とトークをお楽しみくださいませ。

     

    update 2018.09.20 Thu : category in "wine_-meeting"
    1 / 612345...最後 »
    ページの先頭へ