お知らせ

  • 最近の投稿

  • Category

  • Archives

  • 直近のイベント

    11月
    23
    全日 ワイン会
    ワイン会
    11月 23 全日
    第24回ワイン会 「ワインで巡る南アフリカの旅」   日時 2018年11月23日(金)19:00~   会費 ¥11000(税込み)   定員 16名様   富山から南アフリカワインを発信しているインポーター、ハミングバード。 高品質なワインを愛情を込めて届けていらっしゃいます。 このたびハミングバードのミラーご夫妻を講師として当店にお招きすることが決まりました。 ちょうど今年の夏に南アフリカを訪問されたばかりのミラーご夫妻が、伺ったワイナリーの写真やお土産話とともに、南アフリカワインについてたっぷり語ってくださいます。   ご用意するワインは、スパークリング、白、ロゼ、赤と7種類。 ハミングバードの新商品も先駆けてワイン会でご提供する予定です。   気になるお料理は、シェフが南アフリカ料理にチャレンジします。 ミラーご夫妻より伝授いただいた南アフリカ料理を、シェフがどう表現するのか?ご期待くださいね!
  • Calendar

    2017年5月
    « 4月   6月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • [ update ]
    2017.05.31 Wed
    category in "info"

    6月の営業案内

    木々の緑が濃さを増してくる季節ですね。

    6月の定休日をご案内します。

     

    4日(日)

    11日(日)

    18日(日)

    19日(月)

    25日(日)

     

    18・19と連休をいただきます。

    5日(月)は早い時間が満席となっておりますので、遅い時間(21:30以降)からご来店いただければ幸いです。

     

    写真は最近の一皿より、ジャンボン・ぺルシエが乗った前菜の盛り合わせ。

    6月も美味しいものを美味しくいただける月となりますように!

     

    Vini Racconto
    OPEN 18:00~CLOSE 24:00
    076-432-0995

     

    update 2017.05.31 Wed : category in "info"
    [ update ]
    2017.05.29 Mon
    category in "wine"

    サン・ヴェラン、マロ(ロッソ・デッルンブリア)

    初夏という季節になってきました。

    今週もよろしくお願いいたします。

     

    本日(5/9)よりグラスワインのリスト新しくオンリストするワイン2本をご紹介します。

    フランスの白ワイン、サン・ヴェランと、イタリアの赤ワイン、マロです。

     

    サン・ヴェランはブルゴーニュのマコネー地区のワイン。

    ドメーヌ・ド・ラ・クルーズのベーシック・ラインのサン・ヴェランは、複数の区画のよく熟したシャルドネから造られています。

    フルーティーで、余韻にある品のよいミネラル感。

    白トウモロコシのキッシュと一緒にいかがでしょうか。

     

    マロはイタリアで海のない州ウンブリアのペルージャのワイン。

    まだ新しいワイナリーのテッレ・マルガリテッレは、しがらみや習慣にとらわれずにワインを造っています。

    マロは、カベルネ・ソーヴィニヨン50%とメルロー50%のブレンド。

    ボリュームある果実味とほどよいタンニンには、池多牛のローストとぜひ合わせてみてください。

     

     

     

     

     

     シャンパーニュ CHAMPAGNE                                                                                             

     * ドラピエ  Drappier Carte Branche Brut NV  ¥1000

    辛口  ピノ・ノワール75%、ピノ・ムニエ15%、シャルドネ10%

    黄金色の泡。りんごが完熟したような果実の清々しい風味。

    (フランス/シャンパーニュ) BOTTLE¥7000

      

    白ワイン BIANCO                                                                                                       

             

     * ソーヴィニヨン  Sauvignon 2015 Terres d’Alboise  ¥900

    辛口  ソーヴィニヨン・ブラン100%

    グレープフルーツやパッションフルーツの香り。陽気さをくれる味わい。

    (フランス/ロワール)   BOTTLE¥4500

     

     

      * ピースポーター  Piesporter Goldtröpfchen Kabinett 2015 Moselland  ¥900

    甘口  リースリング100%

    爽快なフルーティーさ。活き活きとした酸が清々しくたいへん飲みやすい。

    (ドイツ/モーゼル)  BOTTLE¥4600

     

       *  ロエロ・アルネイス  Roero Arneis 2014 Malvira  ¥950

    辛口  アルネイス100%

    爽やかだが酸は穏やで柑橘の皮のような苦みがアクセントに。

    (イタリア/ピエモンテ) BOTTLE¥5000

     

     *  サン・ヴェラン  Saint-Veran 2014 Domaine de la Crouze  ¥1000 

    辛口   シャルドネ100%

    完熟リンゴのようなフルーティーさ。ピュアな果実味と余韻に旨味。

    (フランス/ブルゴーニュ) BOTTLE¥5500

     

           

    ロゼ ROSATO                                                                                                         

    * モーング・ブライド・ロゼ Morning Bride Rose 2015 Spring Seed Wines ¥900

    辛口  シラーズ

    赤いフレッシュな果実の瑞々しい香り。すっきりとした酸。

    (オーストラリア/マクラーレン・ヴェイル)  BOTTLE¥4500

     

     

    赤ワイン ROSSO                                                                                                        

      * レ・ナチュレル   Le Naturel 2015 Bodegas Aroa  ¥900

    やや重め  ガルナッチャ主体

    小さな赤い果実の凝縮した香り。みずみずしい果実味。

    (スペイン/ナバーラ) BOTTLE¥4500

     

     * マロ  Marot 2014 Terre Margaritelli   ¥950

    重め  カベルネ・ソーヴィニヨン50%、メルロー50%

    果実を煮詰めたような香り。スパイシーさもありつつ、滑らかな質感。

    (イタリア/ウンブリア)  BOTTLE¥4800

       

     * スカラフォーネ  Montecucco Rosso “Scarafone” 2012 Palmoletino ¥1000

    重め  サンジョヴェーゼ・グロッソ85%、カベルネ・ソーヴィニョン15%

    チェリー・リキュールのような香り。果実味と細かなタンニンが充実。

    (イタリア/トスカーナ)  BOTTLE¥5000

              

      * ロッソ・デル・ヴェロネーゼ Rosso del Veronese 2012 L’Arco  \1100

    やや重め   コルヴィーナ50%、ロンディネッラ30%、モリナーラ5%、カベルネ/サンジョヴェーゼ15%

    様々なフルーツと土っぽい香り。時間が経つにつれ華やかになる。

    (イタリア/ヴェネト)  BOTTLE¥5600

     

     * ブルゴーニュ・ルージュ Bourgogne Rouge Les Bons Batons 2014 Philippe Leclerc ¥1100

    やや軽め  ピノ・ノワール100%

    赤いベリー系の香りとしなやかな口当たり。骨格のあるエレガントさ。

    (フランス/ブルゴーニュ)  BOTTLE¥5600

     

    update 2017.05.29 Mon : category in "wine"
    [ update ]
    2017.05.18 Thu
    category in "news1"

    ワイン会のワインが揃いました。

    5/30のワイン会でお出しする予定のワインが揃いました。

    スパークリング1+白2+赤4=計7種類です。

    フランスで購入してきたものやマグナムサイズのものもご用意。

    口にする機会が少ないジュラとオーヴェルニュのワインを味わっていただきたく思います。

    お料理は、それぞれの地方で食べてきて印象に残ったものをシェフがアレンジしてお出しします。

    ワインと料理を、旅の写真とエピソードと共にぜひお楽しみくださいませ。

     

    第19回ワイン会

    「オーヴェルニュとジュラのワイン」

     

    日時 2017年5月30日(火)19:00~

     

    会費 ¥12,000

     

    定員 16名

     

    お申し込み・お問い合わせはヴィニ・ラコントまでどうぞ。

    076-432-0995

     

    update 2017.05.18 Thu : category in "news1"
    [ update ]
    2017.05.16 Tue
    category in "yukako"

    フランス&イタリア旅行(2)オーヴェルニュのヴィニュロンを訪ねる

    研修旅行2日目

     

    8:00すぎにホテルを出発。

    Mさん情報により、パリで一番おいしいクロワッサンがあるというBle Scureへ。

     

    いつもなら混み合うらしいのですが、私たちが到着したときはちょうど空いていました。

     

    あれこれ迷いながら、私はクロワッサンとクイニーアマンを購入。

    電車の中でいただきましたが、バターの風味がたっぷり効いていて美味!

    ほどよい大きさがあったにもかかわらず、2つともぺろりと食べちゃいました。

     

     

    パリのべルシー駅。

    これよりオーヴェルニュ地方に向かいます。

     

    9:00、ベルシー駅を出発。

     

    車窓からの眺め。

    フランスは平野が広がっていて、農耕地と牧草地がずーっと続いています。

     

    フランスのちょうど真ん中あたりに位置するオーヴェルニュ地方。

    休火山となった中央山塊があって、あちこちに天然水や温泉が湧き出ているところらしいです。

    中心となる街、クレルモン・フェランにやってきました。

     

    クレルモン・フェランの駅前はぽつぽつと商店があります。

    12:33に到着したため、ほとんどのお店が昼休憩を取っていてシャッターを下ろしていました。

     

    赤色のトラム。

    なんかカッコイイ。

     

    駅から少し離れた場所に旧市街があります。

    男性4人はせっかくの機会なので、近くにあるスパ(温泉施設)に行ってしまいました。

    残った3人でランチができるお店を探し求めます。

     

    トルコ系の方がやっている食堂に入ってみました。
    ワインは白・ロゼ・赤とあったので、それぞれ1つずつ注文。

    地元の普段飲みワインだと思われるもので、いつ抜栓したかも分かりませんが、果実味がしっかりあって美味しい。

     

    テーブルのそばにあった置物。

     

    30分くらい待って出てきました。

    白身魚のクリーム煮とパスタ。

     

    温泉に行ってすっきりした(?)男性4人と合流して、タクシーでワイナリー訪問。

    教わった住所はあっているはず。

    ですが、タクシーを降りたところは住宅街にある普通の家。

    ブザーを押しても誰も出てこなくて、不安になりながら待ち続けます。

    しばらくすると、ようやく奥様が気付いて顔を出してくだいました。

    出掛けているという旦那様にも連絡してくれ、ご自宅へ。

    2015年のワインをテイスティングさせていただきました。

    どれもみずみずしい味わい!

     

    Mさんが私たち7人を紹介するフィルムを作成してくれていました。

    準備がよいMさん、Good job!!

    小型プロジェクターで天井に映像を流しているところ。

    あほ面してるわけではありません。(笑)

     

    帰りのタクシーがつかまらず、なんと生産者の方自らが運転してホテルまで送ってくださいました。

    日本にもたくさんファンのいる人気の造り手です。

    運転手をしていただくとは、なんという贅沢!

     

    いったんホテルに戻ってから、すぐに次の訪問先へ移動。

    クレルモン・フェランの駅から電車に乗っておよそ30分。

     

    到着した街はイソワール。

    ここからタクシーに乗って約束のワイナリーを目指したいのですが、タクシーが全くいないし捕まらない。

    タクシー会社に電話したり、駅に向かう人にタクシーを聞いても埒があきません。

    途方に暮れていたら、親切なファミリーが送迎してくださることに。

    ご夫婦と娘さん二人のファミリーだったのですが、車に乗れないからと奥様とお嬢様を駅に残して、ご主人が運転。

    貴重な時間を私たちのために使っていただき、温かい計らいに感謝しきりです。

    そして、なんとか1台だけタクシーが捕まり、分散して目指すワイナリーへ。

     

    駅から車で20分ほどの距離でしょうか。

    丘の中腹にある古い教会が待ち合わせ場所として指定されていました。

    なんだかロマンティック。

     

    私はタクシー組。

    運転手さんに上の地図を見せて、「この教会までお願いします」と伝えるものの運転手さんは「分からないから近くまで行ってみる」とのこと。

    果たして無事に行けるのか心配しながら、のどかな田舎道を走ります。

     

    指定された古い教会になんとかたどり着けました。

    中世のころに建てられたと思われる教会。

    風景に溶け込んでいます。

    この地に降り立ったとき、まるで大地に抱かれるような気持ちになりました。

     

     

    生産者の方は乗ってきた作業用のトラックのそばに立って、私たちを待っていてくれました。

    偉大なワインを造る方だけれど、見た目は農家のよう。

    きっと私たちに会う直前まで畑仕事をしていたのではないでしょうか。

    手も服も土で汚れています。

    けれど、それも含めてすべてが彼のキャラクターを物語っていて、素朴な魅力が感じられました。

    さて、困ったことに、待ち合わせの場所から彼の家まではかなりの距離があるらしい。

    彼は私たちがレンタカーを使って来るものとばかり思っていたそう。

    悩んだ挙句、畑道具が詰まった彼のトラックの荷物を荷台へ移し、人が乗れるスペースをなんとか確保し、彼が送迎することに。

    一度では全員を乗せることができないので、往復してくださるという面倒をおかけしてしまいました。

    彼も超が付くくらいに人気の造り手の方。

    そのような方に送迎させてしまうとは。

    恐縮しきりです。

    着いた先のご自宅のお庭には、満開のリラの花が出迎えてくれました。

     

    ご自宅は高台にあるため、窓からは美しい風景が望めます。

     

     

    ご自宅のすぐ隣にカーヴがあります。

    中にはコウモリが住んでいるそうです。

    ときどき私たちの前に現れてくれました。

    ちょっぴり甘い発酵の香りが漂うカーヴ内には、入手困難なワインが樽の中で眠っています。

     

    カビで覆われた樽。

    この樽の中のワインも味見させていただきましたが、ほんとうに綺麗で沁みわたる味わい。

    彼は素晴らしいワインを造る魔法を持っているようです。

     

    たくさんの親切のおかげで、予定通り2軒の生産者を訪ねることができました。

    ここでは、どちらの造り手も名前を伏せておきます。

    人気のある方たちなので、ご迷惑となっては失礼ですから。

    ご自宅に上げていただき、貴重なワインを試飲できたことに、ただただ感謝。

     

     

    今度はちゃんとタクシーが捕まり、訪問先からクレルモン・フェランまでやや長距離を移動。

    旧市街にあるLe Saint Eutropeというレストランへ。

    すでに夜の10時ごろ。

     

     

    メニュー板の表には、子どもの落書きのような絵。

    こういうのもかわいい。

    真剣にワインリストを眺めるYくん。

     

    シェフが歓迎してくれました。

     

    牛もも肉の生ハム。

     

    ラビオリ入りのスープ。

     

    鶏のロースト。

    蕪や人参の味がしっかりしています。

    たっぷりのソースは鶏の出汁にモリーユ茸が入ってバターがふんだんに入っていてクリーミー。

    飲み干したいくらいの美味しさでした。

     

    デセールはババ。

    ブリオッシュに甘いシロップとラム酒を染み込ませたもの。

    こちらではラム酒はかけられずに、ボトルでそのまま登場してきて、お好きなだけどうぞ、と。

     

     

    ディナーが終了するころには、もちろん日付が変わっていました。

    Le Saint Eutropeのスタッフの皆さん、遅くまでお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

     

     

    update 2017.05.16 Tue : category in "yukako"
    [ update ]
    2017.05.15 Mon
    category in "wine"

    アルネイス、シラーズのロゼ、ガルナッチャをオンリスト

    爽やかな季節ですね!

    今週もよろしくお願いします。

     

    本日(5/15)よりグラスワインとしてお出しする3本をご紹介します。

    白のロエロ・アルネイスは北イタリア、ピエモンテのもの。

    酸は穏やかながら柑橘の皮のような苦味があります。

    皮付き豚すね肉のハムに合いそうです。

     

    ロゼはオーストラリア、メルボルンの南に位置するマクラーレン・ヴェイルが産地。

    直接圧搾により造られたシラーズ100%のロゼは、すっきりした味わい。

    ピルピルのように仕上げた白エビのオリーブオイル煮と一緒にいかがでしょうか。

     

    赤はスペイン北部ナバーラのガルナッチャ(グルナッシュ)。

    標高600mの寒暖差のある場所で造られていて、ポリフェノールが豊かです。

    豚の内臓のソーセージ、シンプルに焼き上げた仔羊のロースト、などお肉料理が進みそうなみずみずしい果実味をお楽しみくださいね!

     

     

     

     

    シャンパーニュ CHAMPAGNE                                                                                             

     * ドラピエ  Drappier Carte Branche Brut NV  ¥1000

    辛口  ピノ・ノワール75%、ピノ・ムニエ15%、シャルドネ10%

    黄金色の泡。りんごが完熟したような果実の清々しい風味。 (フランス/シャンパーニュ) BOTTLE¥7000

      

    白ワイン BIANCO                                                                                                          

      * ソーヴィニヨン  Sauvignon 2015 Terres d’Alboise  ¥900

    辛口  ソーヴィニヨン・ブラン100%

    グレープフルーツやパッションフルーツの香り。陽気さをくれる味わい。

    (フランス/ロワール)   BOTTLE¥4500

     

      * ピースポーター  Piesporter Goldtröpfchen Kabinett 2015 Moselland  ¥900

    甘口  リースリング100%

    爽快なフルーティーさ。活き活きとした酸が清々しくたいへん飲みやすい。

    (ドイツ/モーゼル)  BOTTLE¥4600

     

        *  ロエロ・アルネイス  Roero Arneis 2014 Malvira  ¥950

    辛口  アルネイス100%

    青リンゴや柑橘の香り。酸は強くなく、やさしい爽やかさ。

    (イタリア/ピエモンテ) BOTTLE¥5000

     

       *  ブルゴーニュ・ブラン  Bourgogne Blanc Cuveé de la Chatelaine 2014 Chateau de la Velle  ¥1000 

    辛口   シャルドネ100%

    若々しい果実味。レモンにバター・スコッチのニュアンス。心地よい酸。

    (フランス/ブルゴーニュ) BOTTLE¥5500

     

           

    ロゼ ROSATO                                                                                                         

      * モーング・ブライド・ロゼ Morning Bride Rose 2015 Spring Seed Wines ¥900

    辛口  シラーズ

    赤いフレッシュな果実の瑞々しい香り。すっきりとした酸。

    (オーストラリア/マクラーレン・ヴェイル)  BOTTLE¥4500

     

     

    赤ワイン ROSSO                                                                                                        

      * レ・ナチュレル  Le Narurel 2015 Bodegas Aroa   ¥900

    やや重め  ガルナッチャ主体

    小さな赤い果実の凝縮した香り。みずみずしい果実味。

    (スペイン/ナバーラ) BOTTLE¥4500

     

     * ベルジュラック・ルージュ  Bergerac Rouge 2010 Château Vari    ¥950

    重め  メルロー70%、カベルネ・ソーヴィニヨン30%

    熟成と芳醇さが香りと味わいから楽しめる。ほどよいタンニン。

    (フランス/シュド・ウエスト)  BOTTLE¥4800

       

     * スカラフォーネ  Montecucco Rosso “Scarafone” 2012 Palmoletino   ¥1000

    重め  サンジョヴェーゼ・グロッソ85%、カベルネ・ソーヴィニョン15%

    チェリー・リキュールのような香り。果実味と細かなタンニンが充実。

    (イタリア/トスカーナ)  BOTTLE¥5400

              

      * ロッソ・デル・ヴェロネーゼ Rosso del Veronese 2012 L’Arco    ¥1100

    やや重め   コルヴィーナ50%、ロンディネッラ30%、モリナーラ5%、カベルネ/サンジョヴェーゼ15%

    様々なフルーツと土っぽい香り。時間が経つにつれ華やかになる。

    (イタリア/ヴェネト)  BOTTLE¥5600

     

     * ブルゴーニュ・ルージュ Bourgogne Rouge Les Bons Batons 2014 Philippe Leclerc  ¥1100

    やや軽め  ピノ・ノワール100%

    赤いベリー系の香りとしなやかな口当たり。骨格のあるエレガントさ。

    (フランス/ブルゴーニュ)  BOTTLE¥5600

     

    update 2017.05.15 Mon : category in "wine"
    1 / 212
    ページの先頭へ